おすすめの不倫占い

既婚彼の気持ちがわかりました↓

あたる不倫専門占いはこちら

不倫女子の気持ち

不倫の悩める女性の心理★わたし、あなたと出逢えたこと後悔してないよ

投稿日:2017年2月17日 更新日:

不倫の悩める女性の心理を紹介します。

不倫って楽しくもあり、辛いものでもあります。

不倫で辛い気持ちの人に共感できると思います。

わたし、あなたと出逢えたこと、

後悔してないよ …って今なら笑って言える。

人を好きになればなるほどこんなに苦しいなんて今まで知らなかった。

私は幸せだったよ。

後悔してないよ …って今なら笑って言える。

人を好きになればなるほどこんなに苦しいなんて今まで知らなかった。

私は幸せだったよ。

あなたのためにごはん作ったり

あなたの帰りを待ちながら

今誰といるの?なんて聞けなかった

突き放そうとしてるのわかってる

離れようとしてるのもわかってる
だけど必死にしがみついているのはわたし

あなたの匂いも仕草も

笑顔も腕の温もりも

忘れられないし忘れたくない

あなたが幸せなら、って何百回も思うのに。

その度に涙が出るくらい苦しくて、悔しい。

でもそれ以外にあなたを許す事ができる理由が思い浮かばないよ。

何であんなに好きだったんだろう、っていつか思えるの?

我慢も時間もすべて勿体なかったって。彼を考えなくなる日は来るのかな。

「このまま二人でどっか遠くにいけたらいいのにな。」

ずっと前のあなたの言葉を思い出して涙が止まらない。難しいね。難しい事が多すぎたね。

もういいや、って何度も思うのに。

結局、今年も最後まであなただけを考えてたよ。

大切な人だと思わされてばかりの一年だった。

あたしが笑ってる

とあなたもいつも嬉しそうで、何で笑ってるの?って聞くと、

なんでもないよってまた笑うの。

そういうところが大好きだった。

これからもずっと好き。

気持ちも落ち着いたかと思えば、

まだまだどうしようもなく泣ける夜もあって。

何で今も彼はあたしの大切な人なんだろう。

会いたいと思ってしまうんだろう。

始めは彼の言葉を鵜呑みにして、

家庭は上手くいってないんだと思ってた。

でもどんどん彼を好きになって分かったのが、

ごく一般的な幸せな家庭だったって事。

見て見ぬ振りはできなかったよ。

愛してたから。あなたの事。

自分の中がもうぐちゃぐちゃで。

久しぶりにこんなに泣いて、でもあの時は戻って来なくて。

会いたいよ。

声が聞きたい。

それが出来ないなら、彼の記憶からあたしを消して欲しい。

進まなきゃいけないのに、

簡単には進めない。まだ好きなの。

考えないようにしてるけど、考えたら泣けてくんの。

綺麗事ばっかり言うけどさ。

本当は彼の事がどうしようもなく好きだし、

どうにかしてずっと一緒に居たいと思うし、彼もあたしの事が好きだと思ってるよ。

そんなもんよ、心の中なんて。

毎日顔を合わすのもあと二ヶ月。

どれだけケンカしても、斜め前の席を見ればいつもあなたが居た。

全部変わってしまう事が本当はどうしようもないくらい怖いのよ。

もう全部諦めた。

一緒に居たいと思う事も、彼を好きでいる事も。諦めたはずなのに。

なのに何で涙が止まらないんだろう。

「今は彼氏なんていらないの!」って、

友達に言ってはみたもののあの人と堂々と付き合えてみんなから祝福されたらどれだけ幸せだろう。

「朝帰りはできないなんて、分かってるよ!大丈夫!」

ってへらへら笑いながら貴方にかける私に、貴方は「ごめんね」って。

「寂しい行かないで、そばにいて欲しい。

目が覚めても隣に貴方がいてほしい」って言えたらどんなに楽になれるのかな。

終電に間に合うようにホテルを出て、

手を繋いで真っ暗闇の中歩いた日も、

目覚めて貴方が隣にいない朝のホテルから歩く1人の道も同じ距離なのに、

1人だと果てしなく遠いよ。

我慢することには随分と慣れてしまったのに、

あなたに愛されたい気持ちは募るばかり

わたしは聞き分けの悪い子だね。

あなたの些細な一言で、

何気ない一言で、
わたしは胸を引き裂かれるような痛みに襲われることがあるの。

わたしが弱ってる時に、

側にいてくれないのは辛いけど、、
大切な人が弱ってる時に側にいてあげられないことの方がもっと辛いんだね。

見返りを求めないから、好きでいさせて。

…だなんて、私は、むり。

いっぱい愛すから、

私のことも、ちゃんと見ていて欲しいよ

って、いつもいつも心の中で叫んでる。

単なる独身側のひとりよがりね。

あなたを想って

枕を濡らした夜は数え切れないけれど、

あなたに会ってしまえば

そんなこと、全部忘れちゃうくらい

たまらなく嬉しいんだ。

幸せの意味、涙の数、ひとりで過ごす休日も

いつ会えるか分からないから毎日お洒落すること、全部貴方だけの為だった。

悲しい時に泣いたり

寂しいときに電話したり

嬉しいときに一番話したいし

いつだって頭の中は彼の事でいっぱいなのにな…。

彼に伝えたくても、すべてが遠いよ。

彼と会う前は、嬉しくて嬉しくて、たまらない。

だけど、ちょっと切なくもなる。
別れ際のことを会う前から考えてるから、、寂しくなる。

織姫と彦星のように

一年に一度しか会えなくても

お互いの愛は変わらないような

そんな愛が欲しいし

わたしもそんなふうに愛したい

私から彼の帰る時間気にしたり

『今日奥さんとの日でしょ、早く帰らないと』ってしれっと言えるようになった。

辛くない訳じゃないけど、

彼には彼の、受け止めなきゃいけない運命、人生があって、私にも私の人生があるの。

無駄な事なんてきっと無いって信じてるから、彼との出会いも大切なんだ。

無邪気に私の前で笑ってくれるあなたを見ると、

時々、『この人は私だけの彼なんだ』って勘違いしちゃうことがある。

でも、ちがう。

彼は、奥さんと一緒になった人。

わたしは、邪魔者。彼にとっては、単なる火遊び、寄り道程度なのかな

多分最近思うんだけど、

不倫をしてしまったわたし達への罪はやっぱり自分に帰ってくるのよね。

将来、彼じゃない人と結ばれても、

一生不安になりながら生きていかなくちゃいけないって。

それがわたし達のしてきたことなんだ、って。

面倒くさくなったら途端に

『今まで苦しませてごめんなさい

別れた方がいいよ。

君の幸せを一番に願っているし僕といたら幸せになれない』っていつも言うの。

そんな言葉が聞きたかった訳じゃないし、そんな言葉にすがってる自分も大嫌い

ほんと、笑えないぐらい我慢してるんだよ。

ヤキモチ妬かないように頑張ってるけど、好きだもん。

こんな関係だもん、不安になるよ。

彼以外の男性と食事に行ったりしてみても

彼以上の人が見つからない。

でも、それはあたりまえだよね。

歳が違うんだし、彼も奥さんに磨かれて素敵な男性になったんだと思う。

それを横取りしようなんて私は卑怯だね。

あなたの為に、そして私自身の為に

二人の未来の為にお別れするんだ。

誰かの涙の上に幸せは成り立たないはず。

私は、そんな幸せじゃなく、祝福される幸せを見つけたいの

愛する人よ さよなら

朝起きてから眠りに落ちるまで

気づけばあなたのこと

考えてる私がいる

幸せになんてなれないのに

一生懸命なの。

ゴールが分かってる恋だから。

悔しい思いも、1人枕濡らした夜も、数え切れないほどある。

それでも、、あなたが好きなんだ。

正直すぎるとこが貴方の好きな所で。

正直すぎるとこが、私を傷つけるから嫌い。

言わなくてもいいじゃん、誰が一番大事かなんて。

貴方の背中を見ていればわかるよ。

帰る場所をちゃんと分かっているんだもの。

貴方から奥さんを奪ったりなんかしないから、だから誰が一番大切かなんて聞きたくなかった。

寂しくて淋しくて、

気付いたら泣いてしまいそうだけど、これは私にとっても、彼にとっても、、一番良い結末なんだと自分に言い聞かせるしかない。

本当に平気なフリをするのが辛い。

多分、貴方は私がいなくても

平気で過ごせると思うの。

でも、貴方という人を知ってしまった私は貴方なしの毎日が考えられないの。

そう、当たり前のように、生活に貴方が馴染んできているの。私の毎日に。

最近ずっと目が腫れてる

泣きながら眠るからかな。

早く笑ってこんな事もあったな、って話せる日が来るといいな。

甘い 甘い地獄から抜け出すの。

「早く良い彼氏見つけて、幸せになるね!」って泣き笑顔で言えた。

「本当にそれでいいの?」って言ってくれたけど、あなたの為じゃなく、自分の為にこうするしかないの。

「君の幸せを心から祈ってるよ」と別れた二人だもん。きっと大丈夫。

人のものに触れようとしたから

人のものを奪おうとしたから、、

こんなにも苦しいのは、貴方を知ってしまった私への罰なんじゃないかと思う。

あなたは奥さんのもの。

私は泥棒猫。

遠くに行きたいね。

ずっと一緒にいたいね。

これからもずっとそばにいるよ。

二人とも、無理だってことぐらい分かっているの。

それでも口にすれば、そんな未来があるような……そんな気持ちになるの。

あなたの大事な人は誰ですか?

あなたの愛する人は誰ですか?

あなたが命をかけて守りたい人は?

きっと、どれも私じゃない。

当てはまらないんだよ。

あなたにとって私は何なのでしょうか。

彼が奥さんでも、私でもない女の人とご飯食べに行ってる。

会社の私の嫌いなおばさんと。

話し合いって、言ってたけど、、またお酒呑んで二人でいちゃいちゃするのかな?

でも、「行かないで」って言えなかった。

私はそんな強く言える立場じゃないんだもん。奥さんじゃないんだもん。

彼は奥さんを一番愛してるんだって。

なのに、私とこんな関係になってしまった。

でも、完全にライン引きして、やっぱり奥さんは特別な人なんだって。

知りたくなかった。

「そっか、…そうだよね」って笑顔で頷いた私の心は張り裂けそうだった。

寂しい。

貴方が全てになってしまったわたし。

あなたの好きな音楽やお洒落も勉強して、貴方の色に染まれば染まるほど、辛くなっていく。
甘い地獄

どんなに、強く抱きしめてくれても

数えられないぐらいのキスをしても
「愛されている」
と感じないのは、
本当に愛されていないからなのかな。

あなたがいなくても、生きて行ける。

出会う前のように、ひとりで歩いていけるはずよ。

でもね、心が泣いているの。

彼はどこ?って。

彼は一度も[愛してる]と言ってくれたことはない。

私が[大好き]と言うと[ありがとう]や時々の[好きだよ]って返事。

寂しいけれど、物語ってるよね、言葉が。

いっぱい泣いた、いっぱい愛おしくも思った。

既婚者って知っててこんな関係になってしまったけれど、そんな彼を私は[愛してる]

彼がいつも『何もしてあげられなくてごめんね』って。

そんな時、私はこう言うの。

『あなたは私との時間さえ作ってくれれば、何もいらないよ』って。

欲しいのは彼からのプレゼントよりもメールよりも、肌と肌が触れ合える、そんな二人だけの距離と心地よい安心できる時間が何よりも一番欲しいの

土日に奥さんと過ごしている貴方が嫌い。

会社で私に優しくしてくれる貴方が好き。

女好きな貴方が嫌い。

君しかいない、と愛してくれる夜の貴方が好き。

結局、奥さんを選ぶ貴方が嫌い。

だけど、何されたってやっぱり貴方が大好き。

昨日ベッドで2人見つめ合った時に、彼が愛しくて愛しくてたまらなくなった。

胸がギュウって締め付けられる思いだったの。

こんなに側にいても、どんなに、もがいても手に入らない人なんだって思うと余計に愛しくて悲しくて淋しくて、一緒にいる時でさえ寂しくなるの。

大好きな人の一番大切な人になれないって凄く寂しいよ…。

不倫相手の私の代わりなんてきっとたくさんいるんだろうけど、、奥さんの変わりなんていないもん。

本当に時々、あなたの全てを独占したくなってしまうの。

今という時間も、将来も、手を繋ぐ左手も、見つめ合う瞳も、私だけを想ってくれる心を…欲しくなる。

あなたには私より愛している人がいるってこと分かっているつもり。

つもりなんだけど、それでも何か奇跡が起きて、間違いだとしても、愛してくれる日を夢見て…

夜になるとどうしても、寂しくなって、恋しくなって、愛しくなって、、

今すぐにでも会いに行きたくなる

私が淋しく思うとき、、あなたの大事な守るべき人は幸せかな。

私が幸せに思う時に、貴方の帰るべきとこで待っている誰かが悲しんでいるってこと、、忘れたことなんか1秒もないよ。

もしかしたら、何年後かには今の状況を

物凄く後悔しているかもしれないし、ずるずる引きずってるかも分からない。

だけど、それでも出会って、僅かなひと時でも愛し合ったことに間違いはない。

だから、出会えた事に感謝したい。

〝もっと若くて良い男たくさんいるよ〟なんて言わないでよ。

あなたじゃなくても良かったなら、既婚者なんて初めっから好きになったりしない。

でも、あなたじゃなきゃだめだから、、2番目でもいい…って思ったのよ。

会えるか分からないような口約束。

だけどそんな貴方との約束さえも愛しく、、また私の原動力になるの。

家族と過ごしているお正月にも、連絡くれるの凄く嬉しい。

だけどその倍、家族と一緒にいる彼を想像しては苦しくなってたりもします。

やっぱり彼が好き

出会えたことが嬉しい。
どんなカタチだろうと、確かに愛し合ったのは真実。

私がどんなに好きでも

どんなに会いたくても

どんなに どんなに 愛していても貴方には将来を誓った奥さんがいる。

どうしてこんな最低な人を好きになったの。

どうしてこんな最低な人間になったの私。

本当はもっと余裕もって接したいのに、

彼に嫌われるのが怖くて、捨てられるのが怖くて、いつも彼に合わせてる。

こんなの恋愛じゃないのよね。

約束は出来ない人だから会えるのはいつも急。

100%の私で貴方に会いから、毎日お洒落するんだよ。

会えると思ってた日に会えなければ期待した分凹むわけで。

結局毎日が貴方中心なわけで。

不倫なんてそもそも幸せと不幸の両隣。

むしろ悲しい気持ちの時間の方が圧倒的に多いはず。

影の存在なのだから。

でも、沢山のリスクを犯して得る幸せなひと時に、スリルを覚え、普通の恋愛じゃ物足りなくなる。

恐ろしい中毒性。

ハマればハマるほど抜け出せなくなる甘い地獄。

彼に飽きられちゃったのかな。

他に良い人も出来たのかな。

お願いだから、捨てないでって、心で叫んでる。

いつからこんな成り下がった女になったんだろう。

彼に溺れてしまって、私のプライドどこにいっちゃったの?

彼の腕の中で眠りに落ちて、彼の隣で朝を迎えてみたいよ。

叶いっこない私の夢。

不倫の悩みは不倫専門の占いに相談するのが解決の一番の近道です。

こんなにもコソコソしない恋愛ができて幸せ(28歳 秋田市 歯科衛生士)
↓↓↓
不倫専門の当たる占い

おすすめ記事

-不倫女子の気持ち

Copyright© 不倫女子X不倫している女性の気持ちや心理 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.